腸内細菌の割合|えがおのブルーベリーで目を健康的に保とう|健康食品を毎日の習慣に
婦人たち

えがおのブルーベリーで目を健康的に保とう|健康食品を毎日の習慣に

腸内細菌の割合

中年女性

腸内細菌の種類

私たちのお腹の中には様々な種類の腸内細菌が生息していて、その中でも特に小腸から大腸の辺りには種類ごとにグループ分けして住んでいます。その数、およそ数百種類と言われていて顕微鏡などで観察してみると、まるでお花畑の様に見える事から腸内フローラとも呼ばれています。腸内に生息している細菌の状態はその人の年齢や食事、運動やストレスの有無などにも左右される為、一人一人の腸内フローラも異なります。腸内細菌は善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3つに大きく分ける事が出来、善玉菌には乳酸菌の一種であるフェーカリス菌やビフィズス菌があり、これらの細菌は悪玉菌の増殖を抑え、腸の運動を促し、腸内環境を整える働きがあります。逆にウェルシュ菌や黄色ブドウ球菌などの細菌は悪玉菌に数えられていて、これらの細菌が増えると腸内に有害物質が溜まりやすくなり、便秘や肌荒れなどの原因になります。

腸と食事の関係

理想的な腸内フローラの状態は、善玉菌が2、悪玉菌が1、日和見菌が7の割合である事です。日和見菌はどちらの菌にも属さず優勢な方に味方してくれるという特徴があるので、善玉菌が悪玉菌より優勢であればさらに日和見菌の助けも得られ腸内フローラの状態がより一層整います。逆に悪玉菌の割合が善玉菌より多いと日和見菌は悪玉菌の味方となり、腸内フローラの状態は乱れてしまうので日頃から腸に良い生活をする事が大切です。例えば食事ならお肉ばかり、インスタント食品ばかりなど極端に偏った食生活は控え、バランスよく食べる様にしましょう。特に野菜や果物、納豆などに多く含まれている食物繊維は腸の蠕動運動を促す働きがあるので便秘解消に効果がありますし、余分な物を体外に出す事で同時にデトックス効果も期待出来ますよ。